ライザップとファミマがサラダチキンバーを販売!糖質ゼロで高タンパク質と評判だったので食べてみたら美味しかった!

 

ライザップとファミマがコラボして発売した、サラダチキンバーみなさんご存知ですか?

最近よくサラダチキンは、コンビニでよく見るようになりましたが、ちょっと食べにくいし量が多いですよね。

 

仕事の合間とかに、もっと手軽に食べれたら・・・と思っていたら矢先、そんな悩みを解消したのが「サラダチキンバー」だったんです。

今回は、ライザップとファミマが監修して発売した糖質ゼロ高タンパク質な「サラダチキンバー」をご紹介します。

 

ライザップとファミマが共同開発! サラダチキンバー

ライザップは体重をコミットしている会社なので、かなり期待が膨らみます。

まずこのサラダチキンバーが、どんな商品なのかご紹介していきます。

サラダチキンバーの原材料

鶏むね肉(国産)、鶏皮、レモン果汁、乾燥卵白、粒状大豆たん白が主な原材料となってます。

ここには書いてありませんが、表の「サラダチキンバー」の下に国産鶏使用と書いてあり、国産のチキンを使っていることがわかり安心感があります。

サラダチキンバーの栄養成分

60gでたんぱく質が14.5gと、高たんぱく質なのがわかります。

さすがライザップ!と言いたくなるのは、カロリーが83kcalしかなく炭水化物や糖質が0gなところ。

 

他社で販売されているサラダチキンも、糖質量としては少ない2.2gほどですが、このサラダチキンバーは0gと圧倒的です。

まさにダイエットには最適と言えます。

サラダチキンバーの前面にも大きく金の文字で、たんぱく質14.5gを強調しています。

たんぱく質は、筋肉量を保つためや代謝を高めるのに欠かせない栄養素です。

たんぱく質についてはタンパク質(TP)ってなに??に詳しく書いてますので参考にしてください。

サラダチキンバーを食べてみた

中身はこんな感じで、まさにチキンバーって感じです(笑)

食べやすいようにスティック状になっていて、上の方を切ったあとは片手で食べることができます。

この辺が、他社のサラダチキンとは違うところですね。

チキンを細かくして、ギュッと固めてあってシッカリと歯ごたえがあり美味しいです。

味はシチリア産のレモン果汁を使用しているので、サッパリとしたレモン風味で食べやすくなってます。

そのままでも十分美味しいですが、サラダとかに崩して入れても美味しいと思います。

 

まとめ

サラダチキンバーいかがでしたでしょうか。

レモン風味でさっぱりしていて美味しかったです。

片手で食べれるので仕事中など作業をしながらでもいいと思います。

 

ライザップの糖質制限商品は、カップラーメンも美味しいです。

詳しくは糖質制限カップラーメン旨辛豆腐味を食べてみたを見てください〜。

 

糖質制限が流行っていて健康趣向になってきているので、今後もこのような商品が増えそうです。

今後も健康にいい商品や食品のご紹介をしていきます。

 

以上「ライザップとファミマがサラダチキンバーを販売!糖質ゼロで高タンパク質と評判だったので食べてみたら美味しかった!」でした。