かき氷やアイスクリームを食べ過ぎて頭が痛くなる理由と対処法

シェアする

3d4dd84f15ee92697dc8b15b14870eac かき氷やアイスクリームを食べ過ぎて頭が痛くなる理由と対処法

猛暑が続いていますね。

こんな暑い日は、冷えたビール・・・ではなく今回のテーマでもある「かき氷」「アイスクリーム」ですかね。

でも、かき氷とかアイスクリームって連続で食べ過ぎると頭痛くならないですか?

あの「キーン」ってなるやつ・・・これってなんででしょう。

今回はそんな頭が痛くなる理由と対処法をご紹介します。

かき氷やアイスクリームを食べ過ぎると頭が痛くなる理由

3d4dd84f15ee92697dc8b15b14870eac かき氷やアイスクリームを食べ過ぎて頭が痛くなる理由と対処法

なんでこの写真みたいに「キーン」ってなるのか・・・ご紹介していきます。

体を暖めるため

すごい勢いで、かき氷やアイスクリームなどの冷たいものを、食べることによって身体が冷えますよね?

口の中の温度が急激に下がると、脳が「急いで身体を暖めなきゃ」ってなります。

そうすると指令が出て、脳の中を流れている血の量が増えて、血管の周りの神経が刺激されて頭痛が起こってしまうんです。

脳が間違える?

急に冷たいものを食べ過ぎると、「冷たい」という信号を脳が間違えて「痛い」と錯覚をしてしまい間違えて伝えてしまうために頭痛が起こります。

そんなことがあるんですね〜。

でもこれを見ると、かき氷やアイスクリームに限らず冷たいものを急激に食べ過ぎると起こるようです。

実はこの冷たいものを食べて頭が痛くなることを「アイスクリーム頭痛」と呼びます。

頭が痛くならない方法

3d4dd84f15ee92697dc8b15b14870eac かき氷やアイスクリームを食べ過ぎて頭が痛くなる理由と対処法

それでは、頭が痛くなる理由がわかったところで次はどうすれば頭が痛くならないのか!

ゆっくりと食べる

冷たいものを連続でたくさん食べると、口の中の温度が下がってしまい頭痛が起きるので、ゆっくり少しずつ溶かしながら食べると頭痛は起きません。

温かいものと交互に食べる

ちょっと嫌な感じがしますが(笑)

口の中の温度を下げないように、冷たいものを食べたら何か温かいものを食べると温度が上がり頭痛が防げます。

とは言うものの・・・なんでしょうかね〜

例えば常温のジュースとかお茶とか、温度を下げないものがベストかなと思います。

天然水のかき氷を食べる

これはかき氷に限ってしまいますが、天然水で作った「かき氷」は頭が痛くならないと聞いたことがあります。

これにはちゃんと理由があって、天然水は普通の水よりも薄く削ることができて、溶けやすく口の中の温度を急激に下げないことで頭痛を防ぐことができるんです。

頭が痛くなってしまった時の対処法

3d4dd84f15ee92697dc8b15b14870eac かき氷やアイスクリームを食べ過ぎて頭が痛くなる理由と対処法

それでも万が一、頭が痛くなってしまった時の対処法をご紹介していきます。

おでこを冷やす

おでこを冷やすことで、脳の血管の炎症を抑えることができまし、脳の勘違いを痛みではなく「冷たさ」だと分からすためにも効果的です。

舌を押し当てる

舌を口の上の方に押し当てて、血管を早く暖めるようにすると治りが早くなります。

首の後ろを揉む

偏頭痛など頭痛は、首の後ろを揉むと痛みが和らぎます

これは首の後ろに神経が集中しているので、そこを揉むことにより痛みが軽減されます。

まとめ

暑い季節には、どうしても冷たいものを食べたくなります。

しかし急激に食べ過ぎると頭が痛くなったりお腹が痛くなるので気をつけましょう。

それでは頭が痛くならない方法をおさらいです。

・ゆっくりと食べる

・温かい物と一緒に食べる

暑い夏を快適に過ごすために気をつけましょうね〜。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

シェアする