風疹に感染しやすいのは大人なんです!その原因と対処法とは

シェアする

a17d830d54f8f3463df26b977fe73781 風疹に感染しやすいのは大人なんです!その原因と対処法とは

風疹って聞くと、子供の頃に感染する病気だと思われていますが、実は風疹に感染するのは9割が大人だということを知っていますか?

今回は「風疹の感染が大人に多い原因と対処法」をご紹介します。

これを参考にしていただくと感染を防ぐことができると思いますよ。

風疹の感染が大人に多い原因

それでは、なぜ風疹の感染者が大人に多いのか原因を掘り下げていきましょう。

予防接種の有無

まず下記の図を見てください。

a17d830d54f8f3463df26b977fe73781 風疹に感染しやすいのは大人なんです!その原因と対処法とは

出典:日経Gooday

まさにこれを見てわかるように、39歳以上の男性56歳以上の女性は「予防接種を1回も受けていない」人がいることがわかります。

これが大人に感染が多い理由なんですね。

前もってワクチンを打ってるいる人は問題ありませんが、流行してから打つとなると感染する恐れがあるので注意が必要です。

飛沫感染(ひまつかんせん)

風疹はクシャミや咳など患者さんから出たウイルスを吸い込んで感染する「飛沫感染」が原因で感染していきます。

会話をしているだけでもウイルスは1〜2メートルぐらいは飛びます。

同じ飛沫感染のインフルエンザと比べた場合、風疹の方が2〜5倍は感染しやすいと言われているので、マスクをしたり流行時は人混みを避けるなどの対策が必要です。

潜伏期間は2〜3週間程度なので、下記の体調の変化には注意しましょう。

発熱 目の充血 発疹
軽い咳 リンパ節の腫れ 関節痛

風疹にかからないための対処法

a17d830d54f8f3463df26b977fe73781 風疹に感染しやすいのは大人なんです!その原因と対処法とは

それでは風疹にかからないための対処法をご紹介していきます。

予防接種を受ける

これが何と言っても最大の予防方法かと思います。

予防接種を受けるには自費となりますが、一部の自治体では補助金を出しているところもあるので問い合わせてみましょう。

・風疹ワクチン:5,000円前後

・MR(麻疹、風疹)混合ワクチン:8,000円前後

風疹はウイルス性疾患で通常2回とされていますが、1回のワクチン接種で約95%、2回の接種で99%免疫ができると言われています。

ただし、人によってはワクチンを2回接種しても十分な免疫がつかない人もいます。

妊娠の可能性がある女性は注意

風疹のワクチンは、ウイルスの毒性を弱くしたワクチンなので、妊娠中の人には打てません。

また妊娠中に感染してしまうと、「先天性風疹症候群」という病気になる可能性があり、赤ちゃんに障害が出てしまうこともあります。

妊娠初期に感染するほど障害が起こるリスクが高まると言われています。

妊娠の可能性がある女性や妊婦さんと接する機会のある人は、早めにワクチンの接種を2回するようにしましょう。

予防接種を受けたか確認する

事前に風疹を予防するために下記を確認しましょう。

・風疹に感染したことがあるか

・予防接種を2回受けことがあるか

以前「風疹に感染したことがある人」「ワクチンを2回受けたことがある人」は、抗体があるので感染しないとされていますが、「感染したか不明な人」や「1回しかワクチンを接種していない人」は感染する可能性があるので早急にワクチン接種が必要です。

抗体検査を受ける

一番の確認方法は、母子手帳を確認することですが、もし無い場合は自分に抗体があるかどうかを医療機関で調べることができるので抗体検査を受けましょう。

抗体検査の結果は、2〜3日で出ます。

検査費用は、各医療機関で異なりますが3,000〜5,000円ほどかかりますが、自治体によっては申請を出せば全額もしくは一部補助してくれる場合もあります。

マスクをする

風疹のウイルスは直径0.1マイクロメートルくらいで、一般的なマスクの網目(5マイクロメートル)より非常に小さいので、マスクで防ぐことはできません。

しかしクシャミなどで飛んでくるウイルスには水分を含んでいるので、感染者がマスクをすることで、マスクに引っ掛けて防ぐことができます。

手洗いをする

飛んでくるウイルスは、洋服などにも付着しそれを触ったことで感染する場合もあります。

これを「接触感染」と言います。

接触感染を防ぐためにも、外出から帰って来たら手洗いを必ずしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

風疹は一度感染すると体内に免疫ができて、二度と感染しないと言われています。

これは予防接種をすることで抗体をつくっても同じなんです。

以前感染したことがあるか、ワクチンを接種したことがあるかを確認して適切な予防をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

シェアする