治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

シェアする

b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

治験に参加したらどんなメリットがあるんだろと考えたことありませんか?

逆に危険なことってないのかなってデメリットを考える方が多いと思います。

今回は、みなさんが治験やモニターに参加した際のメリットデメリットをご紹介します。

参加する時の参考にしていただけると幸いです。

治験に参加するメリット

b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

社会貢献になる

治験はバイトではなく、あくまでもボランティアです。

ドラッグストアで販売されている薬や病院で処方される薬は、全部「治験(臨床試験)」を実施し安全性や有効性など研究をした上で市場に出ます。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる人を助けるという社会貢献に当てはまります。

新しい治療が受けられる

病気で病院に通院して治療をしていても、治療があまり効果的でない方もいると思います。

治験(臨床試験)に参加することで、いち早く新しい治療を受けることができ、まだ発売されていない新しい薬を取り入れる事により病気が改善する可能性があるんです。

これは通常の外来では受けることができない大きなメリットと言えます。

検査データーがもらえる

治験に参加をすると医療機関(病院)で採血や採尿など、通常ならお金のかかる検査が無料で受けることができます。

その検査データーも自身で希望をすれば受け取ることが可能で、自分自身の健康の目安になりますし、思わぬところで病気を発見することができることもあります。

お金がもらえる

治験に参加することで、負担軽減費(謝礼)がもらえます。

これはあくまでも交通費など参加者の負担を減らすための謝礼であって、アルバイト代ではありません。

負担軽減費については治験ボランティアの実態!全国で実施している新薬開発の流れとはで詳しく説明していますので参考にしてください。

治験に参加するデメリット

b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

参加日時が決まっている

治験に参加する際の日程や時間帯は、あらかじめ決まっています。

治験によっては、参加者と施設の担当者が話し合って決めることもありますが、基本的には決まっていて指定されている日時で参加をしなくてはいけません。

また一般的には病院やクリニックなどの医療機関で行うことが多く、一般外来の患者さんもいるので、予約をしたとしても外来人数などによっては時間がかかる場合があります。

検査のため絶食が必要な場合も

化粧品モニター以外の治験(臨床試験)では、採血や採尿があるため絶食をする必要があります。

その際は、前日夕食後から絶食をスタートさせ当日まで、水・ぬるま湯しか飲むことができません。

検診は採血、採尿だけではなく、身長体重、血圧などのバイタル検査、生活習慣の調査アンケートなどの時間があり、だいたい2〜4時間程度の拘束時間があります。

治療薬やサプリメントの服用を中止する場合も

参加する治験(臨床試験)によっては、現在治療中に服用している薬やサプリメントが服用できなくなる場合があります。

これは、治験薬がしっかり効いているか確認する為や副作用を防止するためです。

募集会社で治験参加の予約をする際や、治験の同意説明を受ける時に服薬状況の確認があり、そこで薬やサプリメントの中止をする可能性があることの説明があります。

中止を決定するのは、治験の責任医師や治験コーディネーターにより決定されます。

プラセボに当たる場合がある

治験(臨床試験)では有効成分を含んでいない「プラセボ(偽薬)」を使用します。

これは治験薬の効果と薬を飲む行為で起こる効果の差を確認するためです。

自分が治験薬かプラセボかは、担当医師でもわからないようになっています。

プラセボに当たってしまうと、既往歴がある人を対象とした治験の場合、具合が悪化する恐れがありますが、その場合は早急な対応をしてくれます。

プラセボについては治験ボランティアの実態!全国で実施している新薬開発の流れとはで紹介していますので、参考にしてください。

日誌などの面倒な作業がある

治験参加中は、ちゃんと薬や健康食品を服用しているか自宅で日誌の記入をしてもらいます。

日誌と言っても簡単なチェック方式がほとんどですが、健康食品のモニターの中には食事内容やお酒を飲んだ量なども記入する必要があり、日誌の枚数が比較的多い傾向で多少面倒かもしれません。

副作用の心配

まだ開発途中の新薬なので副作用の心配があります。

健康食品や化粧品のモニターに関しては、ほとんど副作用はありません。

多少お腹がゆるくなったりする場合はありますが、事前に服用する健康食品や化粧品に対してアレルギーがないか質問を受けてアレルギーがある人は副作用の可能性があるため参加ができないようになっています。

市販の薬でも副作用がある

勘違いしてはいけないのは、副作用は治験薬だけがあるわけではありません。

市販されている薬でも「眠気」や「腹痛など軽い副作用はつきものです。

治験はまだ市場に出る前の薬なので、どのような副作用が出るかハッキリしない部分があります。

効き目が高い薬ほど、それに対して副作用も大きくなる可能性が高いんです。

万が一副作用がでたら

治験(臨床試験)には必ず責任医師がいて、副作用が発生した場合には迅速な対応をしてくれます。

また医療スタッフや治験コーディネーターが随時待機をしていますし、毎回の来院ごとの血液検査や尿検査などで異常があった場合は、治験薬を中止するなど早急な対応を行います。

万が一重篤な副作用が発生した場合は、製薬会社から必ず保証がされるので安心して参加していただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、治験に参加することはメリットもありますがデメリットもあります。

ただ新しい薬の開発には治験が必要です。

治験に参加をする前は、必ずしっかりとした説明があります。

必ず本人の同意を取ってから治験をスタートさせるので、説明をよく聞いてから参加するようにしてください。

もし治験の内容に納得がいかなければ、参加を辞退することもできます。

興味がある治験やモニターの参加条件を治験募集会社に確認した上で、申し込みをしましょう。

治験・モニター募集会社一覧

それぞれ特色はありますが、それぞれ登録しておくと最新情報を得ることができるのでオススメです!

高額案件を逃さずゲットしましょう!

関東で治験に参加するなら”パシフィックグローブ”

社会貢献度の高いアルバイトで副収入 b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

関西で治験に参加するなら”インクロム”

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

関東の治験もこちら”ニューイング”

あなたも治験をはじめませんか? b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験に参加することで考えられるメリットとデメリット

札幌・東京・福岡のモニター募集なら”ぺいるーと”

健康と美容の「これから」をつくる

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

シェアする