治験ボランティアへの参加で考えられるメリットとデメリット

シェアする

b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験ボランティアへの参加で考えられるメリットとデメリット

治験に参加したらどんなメリットがあるんだろと考えたことありませんか?

または、危険なことってないのかな〜なんてデメリットも考えたことありませんか?

今回は、みなさんが治験やモニターに参加した際のメリットデメリットをご紹介します。

参加する時の参考にしていただけると幸いです。

治験ボランティア参加がもたらすメリットとデメリット

治験参加で得られるメリット

それでは初めに、治験やモニターに参加することで得られるメリットをご紹介します。

社会貢献になる

治験はバイトではなく、あくまでもボランティアです。

現在、発売されている薬は、全部「治験」を実施した上で発売されています。

それを考えると、病気で苦しんでいる人を助けるという社会貢献に当てはまります。

新しい治療が受けられる

現在の治療があまり効果がない方も、新しい治療をいち早く受けることができます。

まだ発売されていない新しい薬を取り入れる事により病気が改善する可能性があります。

データーをもらえる

治験に参加をすると採血や採尿など、通常なら数千円かかる検査が無料で受けることができます。

その検査データーも自身で希望をすればもらうことが可能で、自分自身の健康の目安になります。

お金がもらえる

参加することで、負担軽減費(謝礼)がもらえます。

これは参加者の負担を減らすための謝礼であって、バイト代ではありません。

負担軽減費については治験ボランティアの実態!全国で実施している新薬開発の流れとはで詳しく説明していますので参考にしてください。

治験に参加する事で発生するデメリット

メリットもあればデメリットもあります。

参加日時が決まっている

治験に参加する際の日程や時間帯は、あらかじめ決まっています。

治験によっては、参加者と施設担当者が話し合って決めることもありますが、基本的には決まっていて指定されている日時で参加をしなくてはいけません。

検査のため絶食がある

化粧品モニター以外の治験では、採血や採尿があるため絶食をする必要があります。

その際は、水やぬるま湯しか飲むことができません。

また検診の時間が2〜4時間程度かかるので時間の拘束があります。

治療薬やサプリメントを中止する

治験薬によっては、現在服用している薬やサプリメントが服用できなくなる場合があります。

これは、治験薬がしっかり効いているか確認する為や副作用を防止するためです。

プラセボに当たる場合がある

治験では有効成分を含んいない「プラセボ(偽薬)」を服用する可能性があります。

これは治験薬の効果と薬を飲む行為での効果を確認するためです。

プラセボについては治験ボランティアの実態!全国で実施している新薬開発の流れとはで紹介していますので、参考にしてください。

面倒な作業がある

ちゃんと薬や健康食品を服用しているか自宅で日誌の記入をしてもらいます。

特に健康食品のモニターは、日誌の枚数が多い傾向にあるので面倒な作業だと思います。

副作用の心配

副作用の心配がある。

これに関しては後ほど詳しくご紹介します。

副作用について

デメリットの一つでもある副作用についてです。

健康食品や化粧品(コスメ)のモニターに関しては、ほとんど副作用はありません。

それは薬ほど効果がないので副作用もないと考えられます。

事前に対象となる健康食品や化粧品に対してのアレルギーがないか確認をしますが、アレルギーがある方は副作用の可能性があるため、参加ができません。

それでもごく稀に下痢などの軽い症状はあるかもしれませんが、そこまで深刻なものではありません。

しかし薬になると市販されている薬でも「眠くなったり」「お腹が痛くなったりなど軽い副作用はつきものです。

治験はまだ市場に出る前の薬なので、どのような副作用が出るかハッキリしない部分があります。

効き目が高い薬ほど、それに対して副作用も大きくなる可能性が高いんです。

万が一副作用が発生したら

治験やモニターには必ず責任医師がいて、副作用が発生した場合には迅速な対応をしてくれます。

また医療スタッフが随時待機をしていますし、毎回の来院ごとの血液検査や尿検査などで異常があった場合は、治験薬を中止するなど早急な対応を行います。

万が一重篤な副作用が発生した場合は、製薬会社から必ず保証がされます。

まとめ

いかがでしたでしょうか、治験に参加することはメリットもありますがデメリットもあります。

ただ新しい薬の開発には治験が必要です。

治験に参加をする前は、必ずしっかりとした治験についての説明があります。

本人の同意を取ってからスタートしますので、説明をよく聞いてから参加するようにしてください。

もし治験の内容に納得がいかなければ、参加を辞退することもできます。

興味がある治験やモニターの参加条件を募集会社に確認した上で、申し込みをしましょう。

治験・モニター募集会社一覧

それぞれ特色はありますが、それぞれ登録しておくと最新情報を得ることができるのでオススメです!

高額案件を逃さずゲットしましょう!

関東で治験に参加するなら”パシフィックグローブ”

社会貢献度の高いアルバイトで副収入 b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験ボランティアへの参加で考えられるメリットとデメリット

関西で治験に参加するなら”インクロム”

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験ボランティアへの参加で考えられるメリットとデメリット

関東の治験もこちら”ニューイング”

あなたも治験をはじめませんか? b5dcc53baf8b10da454b66c1c8a37382 治験ボランティアへの参加で考えられるメリットとデメリット

札幌・東京・福岡のモニター募集なら”ぺいるーと”

健康と美容の「これから」をつくる

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

シェアする