ジェネリック医薬品とはどんな薬?

8646172958278cb5ff46687f422a1e60 ジェネリック医薬品とはどんな薬?

今回は[ジェネリック医薬品]についてご説明します。

みなさんジェネリック薬品ってなんて呼ばれているか知ってますか?

実は後発医薬品と呼ばれています。

最近ではCMなどで見る機会が増えたので耳にすることが多くなったかと思います。

そんなジェネリック薬が、一体どんな物なのかを簡単ではありますがご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ジェネリック医薬品

ジェネリック薬品ってどんなイメージがありますか?

私は安いっていうイメージと知らない名前の薬が多いので大丈夫?ってイメージです。

ジェネリック薬品とは、もともとすでに発売されていた薬(先発医薬品)の特許が切れた時に、別の会社が形や有効となる成分などを同じにして製造販売した薬のことを指します。

なぜ安くなるの?

すでに成分などが分かっている分、開発にかかる費用が先発と比べると低くできるのでジャネリックの方が薬価が安くなります。

成分などが一緒だから安くなるんですね。

それなら安心ですね。

なんでもそうですが発明や開発をしたら特許を取るのは薬も同じですね。

特許の種類

実は特許と言っても薬には何種類もの特許が存在します。

私は薬本体だけに特許がかかってると思っていました。

物質特許とは

新しい物質に対して与えられる特許です。

用途特許とは

効能や効果に対して与えられる特許です。

物質と用途の特許が切れないと主成分、薬の主となる部分を同じ内容にできません。

製法特許とは

薬を作る方法に与えられる特許です。

製剤特許とは

元の薬と合わせて新しい工夫をする事に対しての特許です。

製法特許、製剤特許の両方の特許が期限切れにならないと、薬のコーティング部分などの添加物などの物質を同じにすることはできません。

また錠剤やカプセル、粉末などといった薬の形状も同等にすることができない決まりになっています。

ちゃんと効果は出るの?

上記の特許が切れていれば、全く同じ成分や製法で作ることが可能なので、薬の効果は期待十分です。

ただし、同じ成分が入っていても条件が変わると薬の効果がありすぎたり、副作用の内容が変わったりする可能性が出てくるようです。

自分の使っている薬もある?

自分が現在使用している薬がジェネリック薬品として存在するかは、検索をすると出てくるようです。

最近ですと薬局で積極的にジェネリックを推薦しているので確認して見るのもいいかもしれません。

また一つの先発医薬品に対して複数のジェネリックが存在する場合もあります。

薬の値段や添加物、薬の大きさや味、においなどの違いがあったりします。

▼ジェネリック医薬品の一覧や検索はこちら
ジェネリックガイド

日本と海外の普及率の違い

現在の日本での普及率は56%です。

アメリカやイギリスなどの海外では70%程度で中には90%もある国もあります。

知られてるとはいえ、まだまだですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ジェネリック医薬品はまだまだこれから需要が広がって行くと思います。

治験もジェネリックの試験を多く実施しています。

薬の値段(薬価)が安いので家計の負担も少なくなると思います。

薬局でジェネリックをススメられたらぜひ検討してみてください。

美容におすすめ!

☆天然ビタミンサプリメント

TVや美容雑誌でも話題の天然ビタミンCが豊富な果実「カムカム」のサプリメントです。

カムカムって知ってますか?

なんとビタミンCの量はアセロラの約1.5倍で、天然ビタミンCを豊富に含む果実として注目されています。

こんな方におすすめ!

◆お化粧ノリがイマイチ

◆ツヤやハリが気になる

◆紫外線が気になる

◆体調を崩しやすい

ぜひお試し下さい!

驚異の天然ビタミンC【カムカム】 8646172958278cb5ff46687f422a1e60 ジェネリック医薬品とはどんな薬?

この記事をいいねしよう!

スポンサーリンク