悪玉コレステロール高くないですか?効果的に下げる方法とは?

みなさん悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の値はいかがですか?
今回は悪玉コレステロールが高いとどんな病気になるのか?下げる方法などをご紹介します。

基準値に関しては[採血結果ってどうやって見たらいいの?標準値と病気について]を参照してください。

スポンサーリンク

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)

LDLコレステロールとは肝臓で作られるコレステロールを各臓器に運ぶ役割をしている[低比重リポタンパク質]のことを言います。

なぜ悪玉と言われるのか

LDLコレステロールは肝臓からコレステロールを送り出す役目をしていますが、
必要以上のコレステロールを運び出す事態が発生すると、血管にカスが付着して動脈硬化が起こる悪影響が起こる為です。

悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の違い

まずコレステロールの役割をご紹介

・細胞膜を作り出す原料
・神経を保護
・ホルモンを作り出す原料

悪玉コレステロール:肝臓からコレステロールを全身に送り出す
善玉コレステロール:肝臓からコレステロールを回収する

善玉コレステロール(HDL)は血管からコレステロールを除去してくれるので、
動脈硬化を防ぐことができます。

悪玉コレステロールが高いと・・・

悪玉コレステロールが高いと様々な病気の危険性があります。
動脈硬化が起こり、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの病気、糖尿病、甲状腺機能低下、ネフローゼ症候群などの病気のリスクもあります。

悪玉コレステロールが高くなる原因とは

それではLDLコレステロールの値が高くなる原因をご紹介

食生活

炭水化物や糖質、バターなどの油脂類、肉類に偏った食事などは数値が高くなる原因です。
食べ過ぎでエネルギーを取りすぎると内臓脂肪の蓄積が増えLDLコレステロールの増加に結びつきます。

またアルコールを飲みすぎると、アルコールを肝臓で分解する時に中性脂肪を作り出します。
中性脂肪が増加すると、LDLコレステロールが増える事が判明しています。

運動不足

運動をすると中性脂肪を減らす効果があるので、運動習慣がないと中性脂肪が増え結果的にLDLコレステロールが増える原因となります。

ストレス

過度のストレスは身体の機能を低下させます。
善玉コレステロールの働きが低下しコレステロールの回収がスムーズに実行されず、その結果悪玉コレステロールが増える原因となります。

喫煙

どんな病気にも喫煙は悪い影響を与えますね。
動脈硬化の原因ともなります。

喫煙の害については[喫煙するとこんな害が!禁煙するとこんなにメリットが!]で詳しくご紹介していますので参考にしてください。

遺伝

両親がLDLコレステロールが高いと遺伝する事があります。
俗に[家族性高コレステロール]と言います。

悪玉コレステロールを下げる方法

LDLコレステロールが高いと色々な病気のリスクがあります。
それでは下げる方法をご紹介します。

食事内容などの食生活改善

適切はカロリー摂取

カロリーの取りすぎは中性脂肪を増やし、LDLコレステロールの増加を招きます。
1日に必要なカロリーを摂取しましょう。

正摂取カロリー=標準体重{身長(m)×身長(m)×22}×25~30(kcal)

肉類や油に注意

LDLコレステロールを減らすには善玉(HDLコレステロール)を増やすのが効果的です。
肉類よりもEPAが豊富な魚類や大豆製品を多く食べるようにしましょう。

血液をサラサラにするEPAについては[サバで血液サラサラ!?サバの水煮缶で美味しく心臓病予防!]でご紹介しています。

肥満防止の為にも油を使った料理を控える必要もあります。
また内臓類や卵などのコレステロールが多い食品も要注意です。

コレステロールの危険性について[コレステロール大丈夫?中性脂肪が高くなる原因や関連する病気とは]でご紹介していますので参考にしてください。

食物繊維をしっかり摂る

食物繊維はコレステロールを減少させる効果があります。
野菜、大豆類、きのこ類、海藻類などに多く含まれているので必ず食事に取り入れましょう。

適度な運動

適度な運動は中性脂肪を減らします。
特に[有酸素運動]です。ウォーキングや水泳など適度に運動をする事が効果的です。
まずは30分程度のウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

禁煙

喫煙は色々は病気のリスクがあります。
吸っていいことなどありません。

薬での治療

食事指導や運動指導でも下がらない場合は医師の判断により薬や漢方などの投薬で治療をする事になります。

ある程度数値が下がってから、食事や運動などに切り替える事も検討する必要があります。

最後に

いかがでしょうか。
LDLコレステロールが高いと肥満や病気のリスクが増加します。
適度な食事コントロールや運動を心がけて数値を保ちましょう。

スポンサーリンク

       

スポンサーリンク