総タンパク質(TP)ってなに??

53eccb85d72d6bf07f60743f82cfd418 総タンパク質(TP)ってなに??

今回は健康診断などで採血をした際の項目の1つ[総蛋白(タンパク)]についてです。

タンパク質はみなさんよく耳にされているかと思いますが、採血をした時に気にされる方ってあまりいないのではないでしょうか。

今回は測定数値が高い時や低い時、病気についてご紹介します。

スポンサーリンク

総蛋白(TP)

総蛋白(タンパク)とはどのようなものなのでしょうか。

総蛋白とは

血液中に含まれるタンパク質の総称です。

肝細胞でのみ作られ血液中に存在します。
血液の濃度を調整したり、血液中の物質を運んだりする役目があります。

総蛋白異常は60%を占める[アルブミン]と20%ほどを占める[γグロブリン]の影響がほとんどです。

総蛋白の増減はこの2つの増減が影響しています。

数値が高い時の病気と原因

日常でも総蛋白の変化はあります。

傾向としては朝よりも夕方から高くなったり、運動後は高くなる傾向にあるようです。

総蛋白の数値が高いとどのような影響があるのでしょうか。

肝疾患

慢性肝炎などで免疫グロブリンが増加する場合は総タンパクは高い数値となります。

ただし、重症な肝障害が起こるとアルブミンは肝臓で合成される為、肝臓での合成能力が低下するので総タンパクの数値は低くなります。

腎疾患

基本的にタンパク質を摂ると老廃物が出ます。

その老廃物の排泄を腎臓が行います。

高タンパクになると排泄物の量も多くなり腎臓に負担がかかります。

腎臓が弱ると腎炎や腎不全などの腎臓病疾患の恐れも出てきます。

感染症

細菌などで感染症を起こすと体内で防御反応をするので数値は高くなります。

その他では多発性骨髄腫や膠原病などの疑いがあるとされます。

脱水症

脱水症状の時は血液が濃縮されているため高い数値になります。

数値が低い時の病気と原因

逆に数値が低いと、どのような影響があるのでしょうか。

ネフローゼ症候群

アルブミンが体内から喪失するような病気だと低い数値になります。

蛋白漏出胃腸症

これもアルブミンが体外に出てしまう病態なので低い数値となります。

過度のダイエット

過度のダイエットをすると栄養状態が悪くなります。

このような状態を低栄養状態と言います。

この状態になるとタンパク質が不足してアルブミンが作られなくなるので、総蛋白の数値は低くなります。

加齢による変動

新生児や成人と比べると高齢者の場合は、若干低めになる傾向です。

また妊娠中も低い傾向にあります。

タンパク数が低い時の対処法

ササミ、サバなどの青魚、納豆、豆腐、牛乳など、高タンパクの食事を摂るようにしましょう。

逆に数値が高い時は、ご飯、うどん、かんてん、ところてん、もずくなどの低タンパクな食事を心がけましょう。

最後に

最近私はよくタンパク質を気にしています(ダイエットをしているので)。

糖質を制限しているので高タンパクになりがちですが、高ければ高いで病気のリスクがあります。

定期的に採血などをして体の状態を確認する事は非常に大切だと思います。

▼採血時の基準値は下記をご参考に!
[採血結果ってどうやって見たらいいの?標準値と病気について]

おすすめ健康食品

53eccb85d72d6bf07f60743f82cfd418 総タンパク質(TP)ってなに?? 53eccb85d72d6bf07f60743f82cfd418 総タンパク質(TP)ってなに??     53eccb85d72d6bf07f60743f82cfd418 総タンパク質(TP)ってなに?? 

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

スポンサーリンク