中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは

シェアする

56157ea01805c87b7d092fa0bb6e6dbe 中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは

焼肉好きですか?

脂身の多い肉って美味しいですよねぇ、黒烏龍茶は欠かせませんけど(笑)

しかし、そんな肉ばかり食べていると中性脂肪(コレステロール)が高くなるんです。

今回は脂肪やコレステロールでおなじみの中性脂肪についてお話しします。

中性脂肪が高くなる原因や高い事で引き起こす病気、効果的に数値を下げる方法などをご紹介します。

中性脂肪(TG)とは?

中性脂肪は体内の脂肪の一種でトリグリセリド(トリグリ)とも呼ばれていて、体のエネルギー源になっているのが中性脂肪です。

エネルギーとして使われずに残った中性脂肪は、内臓脂肪や皮下脂肪に蓄えられてしまいます。

医療業界では、中性脂肪の数値はよくブレると言われます。

数日前の食事内容などによって、すぐ数値が変わってしまいます。

健康診断など採血をする日が近い場合は、焼肉などの脂っこい食事は控える方がいいでしょう。

それでは、何が変化して中性脂肪になるのか見ていきましょう。

中性脂肪になる栄養素

脂質

先程お話しした焼肉など、食事をして取った脂肪は身体のエネルギーの元になりますが、使い切れなかった分は、中性脂肪になり肝臓や脂肪細胞に蓄積されていきます。

内臓脂肪ってなかなか落ちないんですよね〜。

痩せているからといって内臓脂肪がないとは限りません。

全ては生活習慣にかかっています。

内臓脂肪を落とすには、ランニングなどの有酸素運動が有効的とされています。

糖質やタンパク質

ご飯や麺類などの炭水化物砂糖などには糖質があります。

糖質は体内で消化され、ブドウ糖などになり腸で吸収されます。

しかし使われなかった糖質は、肝臓や脂肪細胞で中性脂肪になります。

同じく余ったタンパク質も一旦糖質に変えられ、その後、中性脂肪になります。

エネルギー源としては、使われる優先順位はタンパク質が先になるので、糖質や脂質は余りやすくなります。

中性脂肪の増加を防ぐには、糖質と脂質の過剰摂取を抑えることがポイントになります。

ただしっかり運動をして、摂取カロリーと消費カロリーが釣り合っていれば、中性脂肪は蓄積されません。

中性脂肪が高い方は、摂取カロリーと消費カロリーの見直しが必要です。

最近流行りの糖質制限については糖質制限ダイエットの効果的なやり方と失敗しないポイント!を参考にしてください。

中性脂肪が高いと・・・

中性脂肪が高いといろいろな問題が出てきます。

そんな健康に関する問題点を見ていきましょう。

▼中性脂肪の標準値に関してはこちらを参考にしてください。
採血結果ってどうやって見たらいいの?

血液がドロドロになる

健康な状態の血液はサラサラですが、中性脂肪が高い状態で血液に多く含まれると血液の粘度が高まりドロドロの状態になってしまいます。

ドロドロになると血管が詰まりやすくなり、動脈硬化などを引き起こす原因になります。

動脈硬化から様々な病気へ

ドロドロになり動脈硬化になると、様々な病気を引き起こす危険性があります。

・脳梗塞などの脳疾患 ・狭心症 

・心筋梗塞 ・腎不全などの腎疾患 

・大動脈瘤(破裂) ・閉塞性動脈硬化症 

・脂肪肝 ・糖尿病など

中性脂肪が高くなる原因

56157ea01805c87b7d092fa0bb6e6dbe 中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは

私も以前、中性脂肪が300近くありました。

検査の近日に、脂っこい食事をしたせいだと思っていましたが、2年連続だったのでやばいと思いました。

なぜ中性脂肪が高くなるのか、原因を見ていきましょう。

暴飲暴食

なんかわかる気がします(笑)

炭水化物やアルコールなどを暴飲暴食すると、消化できない脂肪が体内に余り、吸収されず蓄積されてしまいます。

特にアルコールは、中性脂肪を分解する酵素の働きを低下させ、肝臓内での中性脂肪の合成が進んでしまうことになります。

アルコールの摂取量が増えれば増えるほど、中性脂肪が増え数値も高くなります。

さらに中性脂肪が溜まると肝臓にも蓄積され脂肪肝などの原因になります。

肥満

中性脂肪が蓄積されると肥満になります。

まぁ脂肪が多くなるので当然です。

肥満になると体を動かさなくなり、エネルギーの消費量が低下します。

そうなると消費と摂取の比率は、摂取の方が多くなりさらに太って中性脂肪も増えてしまう事になります。

喫煙

タバコも中性脂肪を増やす原因です。

タバコに含まれるニコチンが交感神経を刺激します。

刺激をすると血圧を上げたり心拍数を高めたり心臓に負担をかけます。

負担がかかると善玉コレステロールの濃度が低下したり、遊離脂肪酸を増加させたり、動脈硬化が進む原因になるとされています。

喫煙のリスクに関して禁煙の効果でこんなにいいこと!変化で実感するタバコの害を参考にしてください。

効果的な数値の下げ方

56157ea01805c87b7d092fa0bb6e6dbe 中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは

それでは中性脂肪の数値を下げるには、どのような方法があるのでしょうか?

食生活を変える

中性脂肪が高くなる原因は暴飲暴食なので、まずそれをやめましょう。

そして脂っこい食事や揚げ物を少なくし、お菓子やケーキ、果物などの糖分も取り過ぎないようにしましょう。

アルコールも中性脂肪の分解を妨げる原因です、アルコールの摂取もほどほどに!

中性脂肪を下げる食事として食物繊維唐辛子青魚(EPA)大豆烏龍茶(ポリフェノール)などがありますので、うまく食生活に取り入れて摂取を心がけてください。

イヌリンをうまく摂取する

イヌリンってご存知ですか?

イヌリンとは、水溶性の食物繊維で長時間腸内でとどまり、血糖値の上昇を緩やかにしたり脂肪を吸着させて一緒に排泄してくれる要素があります。

またイヌリンは、難消化性多糖類の一種で摂取しても消化されずにそのまま排出されます。

研究によると、イヌリンを含む食材を4週間ほど摂取したところ、中性脂肪が減少し腸内環境も改善したということです。

イヌリンが多い食材 含有量(100g中)
菊芋 15〜20g
ニンニク 9〜16g
ごぼう 5〜10g
ニラ 3〜10g
玉ねぎ 2〜6g
アスパラガス 2〜3g

運動をする

余った脂肪を消費しましょう。

急激な運動は継続ができなくなるので、軽めのウォーキングや、いつも降りる駅を一駅前から降りて歩くなど効果的です。

入浴

ぬるめのお湯で長めに入浴をすると、中性脂肪が低下します。

これはデットクス効果と言えます。

睡眠

女性の場合に限るようですが、睡眠時間が6〜8時間の女性は中性脂肪が低くなり、寝不足や過剰に寝てる人は中性脂肪が多くなることが研究で明らかになっています。

禁煙

先程もお話しした喫煙は中性脂肪を増やすので禁煙が望ましいです。

まぁ喫煙はいいことなんて何もないので、禁煙しましょう。

アルコール

中性脂肪の分解の妨げになりますので、毎日の飲酒は控えましょう。

1日あたりの適正量は、20gまでとなっていて目安は下記のとおりです。

・日本酒:1合(180ml)

・ビール:500ml

・焼酎(25度):0.6合(110ml)

・ワイン:180ml

・ウイスキー(43度):ダブル1杯60ml

大量に飲まず、休肝日を設けながら控えめにしましょう。

ストレス

自律神経を乱す原因となり、ホルモンバランスが崩れ中性脂肪が増える原因になります。

またストレスが溜まると、お酒の量も増える傾向にあります。

うまくストレスを解消していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

CMでもやってます、”美味しいものは脂肪と糖でできている”と・・・まさにその通りです。

なんでも過剰に取りすぎるのは良くないってことですね。

中性脂肪は運動や食生活で改善できます!

健康診断などで中性脂肪値(TG)が高かった方は、是非参考にしていただいて次回の検診時には、数値を標準値にできるように頑張りましょう!!

また下記のような健康食品で改善することもオススメします。

中性脂肪の蓄積ストップ!

食物繊維で吸収を抑える

トクホでおなじみの難消化性デキストリン配合、脂肪と糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇も抑えます。

食事前に一本食べるだけ!簡単に摂取できます!

健康食品なので安心してお召し上がりいただけます。

また80種類の食物発酵エキス配合で、女性にも嬉しい美容にも最適です!

ぜひお試しください。

糖や脂肪の吸収を抑える【ベジファス】 56157ea01805c87b7d092fa0bb6e6dbe 中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは 56157ea01805c87b7d092fa0bb6e6dbe 中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは 56157ea01805c87b7d092fa0bb6e6dbe 中性脂肪が高くなる原因と効果的な数値の下げ方とは

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

シェアする